EDが風俗で治っちゃった

風俗で遊ぶと自分もテンションが…

テンションがあれだけ高まるのは風俗だけですね(笑)仕事はもちろんですけど、プライベートでもそんなにテンションが高くなるタイプではないのに、すすきの風俗が忘れられないです。すすきの風俗に関してはお店のホームページを見ているだけで勝手にテンションが高くなってくるから不思議ですよ(笑)自分でも別にそこまで強く意識している訳じゃないんです。たまに遊ぶ程度で十分だなって言う程度のスタンスで楽しんでいるんですけど、それでもやっぱり風俗で遊ぼうってなると結局は物凄くテンションが高まっている自分がいるんですよね(笑)だからそれだけ大切というか、自分の中でそれだけ大きな存在になっているんじゃないかなと。確かに風俗で遊んでいると何をされたとか、誰がとかじゃなくて単純にテンションが高いんですよ(笑)自分も男です。可愛い女の子や美人と一緒にいてテンションが上がらない訳がありませんので、風俗で過ごしている時間だけは、自分でも特別だなって気持ちになるんじゃないのかなと(笑)

風俗で遊ぶということは、非日常

風俗で遊ぶということは、自分にとっては非日常そのものなんですよ。あの時間を過ごせると言うのは本当に嬉しいものですし、その時間を過ごすことによって自分の心の中が満たされるものなんです。それは間違いないだけに、風俗は性的な娯楽サービスという枠を超え、自分に様々なものをもたらしてくれるとても貴重なサービスとなっているんじゃないのかなって思いますね。遊んでい常々感じるのは、とにかく風俗は男の利用者のことを真剣に考えてくれている点です。競争原理がそうさせているのかもしれないんですけど、どのような事情があるにせよ遊べば楽しいということは良く分かるんです。そう考えると、これだけの時間を楽しめると言うのは、風俗だからとかそういった言葉を超えて、ある種の奇跡なんじゃないかなって。つまりは風俗だけでしか味わうことが出来ない非日常感を味わうことが出来るのかなって思いますし、そこに男が求めるロマンが隠されているんですよね。